2012年12月05日

プラセンタの主な成分・効能

purasenta4.jpg


ビタミン
  ビタミンは生理機能を整え、代謝を良くする機能があります。
  また、生活習慣病の改善にも良いとされています。

  しかし、ビタミンは体内で作ることが出来ない栄養素です。
  そのため、日々適度に体外から摂取する必要があります。
  プラセンタには様々な種類のビタミンが含まれています。

ミネラル
  ミネラルもビタミン同様、体内で自ら作り出すことはできません
  しかし体にとって必要不可欠な血液・体液等を調整する機能があり
  ミネラルが足りなくなってしますと体が障害を引き起こしてしまうこと
  もあります。

  プラセンタに含まれるミネラルは
  カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウム・リン・亜鉛・鉄
  などがあります。

核酸
  核酸は新陳代謝や細胞分裂を助ける作用があります。
  老化防止(アンチエイジング)に良いとされている核酸ですが、
  20歳を過ぎると少しづつ減少し始め、
  40歳を過ぎたころから急激に減少してしまいます。
  老化が進んでしまうというわけです。
  そのため体外から補給していくことが必要となります。

酵素
  酵素は食べ物から栄養素を消化・吸収し、
  不要分を排出させるところまで関わる物質です。

  不足してしまうと血液が汚れてしまい、
  生活習慣病を引き起こしてしまうこともあります。
  酵素は健康な体つくりのために重要な役割を担っていあます。
活性ペプチド
  活性ペプチドとはアミノ酸同士が2個以上結合して、変化した物質の
  ことを言います

  結合するアミノ酸の種類、数によってさまざまな形に変化し
  体のバランスを保つ為、あらゆる場面でその力を発揮します。
  プラセンタが抜け毛や薄毛にも効果があるとされているのは
  この活性ペプチドの力が大きく関わっています。
  体内に入ったたんぱく質は20種のアミノ酸に分解され
  のちに再結合をし、様々な形で体に効果を与えます。

タンパク質
  タンパク質は、血や肉、髪や爪などといった
  人の体を作る上で必要な栄養素です。

  体内に入ったたんぱく質は20種のアミノ酸に分解され
  のちに再結合をし、様々な形で体に効果を与えます。

脂質・脂肪酸
  脂質という言葉は、あまりよくない印象を受けるかもしれませんが、
  実は体にとってとても大事な栄養素なのです。
  細胞膜や角膜、ホルモンを構成させる成分です。
  不足してしまうと体力が低下したりしてしまいます。

  脂肪酸は紙質の主な構成成分です。

ムコ多糖体
  ムコ多糖体とは、体内の水分維持を行っている物質です。
  体液や血液などの水分は体の約60%をひめています。
  このムコ多糖体は20歳を過ぎると減少していくので、
  自主的に補っていかなければ老化が進んでしまいます。
  プラセンタに含まれているムコ多糖体には
  ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸などがあり、
  これらが保水効果などを発揮し、老化防止にも効果があります。

成長因子(グロース・ファクター)
  そしてプラセンタには様々な成長因子(グロース・ファクター)
  という栄養分もふくまれています。
  成長因子(グロース・ファクター)とは、古い細胞が分裂し、
  新しい細胞に生まれ変わらせるために力を大きく発揮します。

  

posted by エスポワール at 04:37| Comment(1) | プラセンタ 成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://site-ranking.jp/
Posted by まゆみ at 2012年12月05日 20:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。